鬼退治

2/3の節分で豆まきはされましたか?
気付いたら恵方巻も食べず何もなく終わってしまいました。

鬼は外!福は内!の掛け声は、日本で育ったかたなら一度は耳にしたことがあると思いますし、私も小さいころ豆まきをした記憶があります。

ですが、日本には、豆まきをしなくていい人たちがいるそうです。
なんと、「ワタナベ」姓の人は豆まきをする必要がないというのです。

さらに、最近知ったのですが、
ワタナベさんに加え、坂田さんもそうだという事を最近初めて知りました。
友人に坂田さんがいまして、「うちもそれだ」と教えてもらいました。

ワタナベさんが豆まきをしなくていい理由は、ご存知の方もいると思いますが、
昔々、ワタナベさんが仲間と鬼退治をし、鬼たちはワタナベ一門を恐れるようになり、ワタナベ姓の子孫にも近づかなくなったという言われが理由となっています。

どうやら坂田さんの場合は、金太郎という昔話と関わりがあるそうです。
金太郎というとauのCMの濱田岳さん演じる金ちゃんを思い浮かべますが、
「坂田金時」という武将は、ワタナベさんが鬼退治をした際の仲間で「頼光四天王」の一人なのです。その坂田金時の幼名が「金太郎」で、マサカリ担いだ金太郎そのひとだったのです!

「頼光四天王」の頼光というのは、源頼光(みなもとのよりみつ)のことで、平安時代の武将です。
話が歴史の話になってしまいましたが、最近は豆まきだけではなく、恵方巻も節分の際に食べられるようになりました。

テレビでは連日恵方巻問題について報道されていましたね。

食品大量処分問題で食品廃棄禁止法という法律まで制定されたフランスと比べられているそうです。

ここ最近、季節のイベント事で過熱した商法と消費がアンバランスになってきているらしく。
ブランドチョコのゴディバでさえ、義理チョコをやめにしないかと提示しているくらいです。

物事に打ち込む熱は大事ですが、過熱しすぎは注意ですね。

お問い合わせはお電話かメールで!
受付時間:9:00〜17:00(水曜日定休)