iDeCoについて 個人型確定拠出年金 おまけ

さて、確定申告の期限が迫ってきておりますが、該当者の皆様の手続きはお済でしょうか。

仮に期限を過ぎて申告しても受け付けてはもらえますが、デメリット(税金を余計に納める等)が大きいので期限内に申告することをお勧めします。

また、年末調整をされている方で控除申告が出来なかったもの(保険料控除や住宅ローン控除等)も確定申告で還付申請が出来ますので書類不備等で年末調整に間に合わなかった方も確定申告をしましょう。

では、iDeCoのおまけについて。
iDeCoの掛金拠出の際に手数料が差し引かれます。昨年までは支払方法が定額月払いのみでしたので1回分の手数料×12ヶ月分の手数料が掛りました。それが今年から任意の支払回数が選択できるようになりました。

もちろん年払いも可能となり、その場合はその年の12月に一括で1年分を納めることになります。ただし、対象となる月が経過した分しかまとめられない為、その年の1月に1年分支払うというのはできません。

年払いが可能になると手数料が1回分で済みますので11回分がお得になります。ただし、掛け金の拠出を遅らせると運用期間が短くなり投資の機会を逸する可能性もあるので、選んだ商品によってはそのまま定額月払いの方が良いかもしれません。

なお、支払回数の変更には事前に書類申請が必要となりますので、申し込み金融機関へご相談ください。

お問い合わせはお電話かメールで!
受付時間:9:00〜17:00(水曜日定休)